医療に関わる仕事に就くために

診察

女性に人気の多い看護師の仕事ですが、看護師になるには様々な条件が存在します。
国で定められている法律によって看護師の資格を取得することができます。
入院患者のサポートや看護を行うとして定められている法律です。

看護師になるには、国が行っている国家試験を受け資格取得をしなければいけないのです。
そのために一般的に、看護学校や大学などで専門の知識を得て、国家資格取得のために勉強をしているのです。

この看護師の仕事ですが、国家資格を得なくても看護師になることもあります。
それが、准看護師です。

准看護師とは、都道府県で行われている試験を受け合格することによって取得できる資格となります。
准看護師の求人も多くありますが、いずれは国家資格を受けなければ正看護師になることはできません。

どちらの資格も同じ知識を得るための勉強が必要となります。

種類

検温

前項で紹介した看護師の種類ですが、准看護師以外に存在する種類があります。
どちらの看護師の求人も、医療の人材不足により多く募集があります。
その種類を紹介していきます。

■看護師
国が行っている国家資格を受け合格することで取得できる資格となります。
入院患者や診察を受ける患者のサポートはもちろん、医師のサポートも行います。
医師のサポートは、患者の診察のサポートの他に、医師が行う事務的な仕事も看護師が行います。
カルテの整理や資料の整理などといったことも行うのです。
そのため、広い分野での知識が必要となります。

■准看護師
都道府県で行われている試験に合格することで取得できる資格です。
職務内容は看護師と似ています。
医師や歯科医などの指示の下、職務を行っていきます。

■認定看護師
特に、看護の知識が必要となる資格となります。
医療に関する知識、看護に関する知識を得たあと、その知識を活かし様々な分野で活躍することが出来ます。
協会から認定を受け取得できる資格となり、看護のスペシャリストとして働くことが出来ます。

■専門看護師
協会が開催している試験に合格することで取得できる資格となります。
看護の仕事の中でも、専門的な看護の知識を得ることで、医療で活躍できる資格となります。
この資格を取得することで、看護を行っていく上での能力が高いとして認識されます。

この4種類が看護師の一般的な種類となります。
どちらの種類にも条件が存在し、その条件を満たした上で試験に挑み取得できる資格となるのです。

職場の種類

シーツを替える看護師

看護師の資格を取得したことで、医療で働くことができますが、働ける場所は病院などの医療の場だけではありません。
活躍できる職場について紹介していきます。

■病院
看護師の資格を取得し働く多くが、病院での勤務です。
診察に来院される患者や医師のサポートを行う重要な役割となります。
病院には入院患者もいるため、24時間体制で行われています。
大きな病院もあれば、医師が個人で開業される診療所も存在しており、どの場所でも働くことが出来ます。

■介護施設
現在多く求人も場所も存在しているのが、介護施設です。
高齢化社会になっている現在、その求人も多くなってきています。
介護施設には種類があり、老人福祉施設やデイサービスセンターなどといった箇所で介護や看護を行っていきます。
こういった場所は看護師の資格を習得した方だけでなく、ホームヘルパーやケアマネジャーなどの資格を持っている方も働くことができます。
求人も多い分、様々な分野で募集を行っている、今後活躍する場が多くなるとされる施設となります。

■保健所
地域の人々の健康を守るため、健康でいるための病気にならない予防や健康管理の知識を提供する場となります。
特に、妊婦の方やお年寄りの方などへのケアが多くなっています。

■訪問看護
患者の自宅へ行き、生活のサポートを行います。
医師と一緒に訪問し、患者の家族と協力することでサポートを行っています。

多くなりつつある職業

看護師

看護師の職種で多くなりつつある種類が存在します。
それが、看護助手の仕事です。

看護師は注目の職種である反面、医療の人材不足により看護師不足でもあります。
そういった看護や介護の人材の負担を軽減させるために取り入れているのが、看護助手です。

看護助手とは、大きな病院はもちろん、様々な医療機関で求人が多く、介護や看護を行うとして重要な役割となっています。

入院患者の生活のサポートはもちろん、患者のベッドや枕のシーツを変える、移動の際のサポート、患者のカルテなどを届けるなどのサポートも行います。

看護師の仕事には様々な種類が存在し、それぞれに活躍できる分野が存在しているのです。